下半身太り|姿勢

下半身太りで悩んでいる時は姿勢をチェックしてみよう

毎日の姿勢が体型に与える影響はとても大きく、姿勢のせいで下腹がぽっこり見えてる人はだんだんそれがいつもの体型になってしまいます。

 

下半身太りに悩んでいる方は、普段の姿勢をチェックして下半身が太くなる姿勢をしていないかチェックして早めに直すことが大事です。

 

下っ腹がぽっこり出ている

体は太っていないのに下腹がぽっこり出ている方は、腰骨よりも恥骨が後ろに下がっていたり、お尻を後ろに突き出していませんか?

 

無駄に胸をはって、お尻を突き出すような姿勢だと背骨や骨盤が正しい位置ではなく歪んでしまい、下腹が出てしまいます。

 

恥骨と腰(尾てい骨のあたり)に手を当てて、ぐっと下腹部に力を入れて手の位置が床に垂直になるイメージで恥骨を前に突き出してみてください。

 

それだけで横から見た姿は下腹部がへこんでスッキリするはずです。

 

普段から意識することで骨盤が正しい位置に戻り、下腹部の贅肉や内臓の位置も正常な状態に戻りやすくなります

 

お尻が大きい・太ももが太い

下半身太りは姿勢が原因

姿勢が悪いと骨盤の位置が悪いだけでなく、足の骨も歪んでしまっていて下半身太りに見える場合が多いです。

 

特に、O脚やX脚になってしまうと足の筋肉のつき方のバランスもおかしくなってしまうので、足の裏側や表側の一方だけに筋肉が付いてしまって見た目の悪い足になってしまいます。

 

また、骨盤への影響も大きいのでお尻が横に開いてしまって、スキニージーンズなどが似合わないお尻の形になってしまいます。

 

足の形は日常の姿勢がとても影響します。

 

よく言われている、足を組まない・片方の足に重心を置かないなどの他、カバンやバッグを同じ方の肩でばかり持たない・人と歩くときいつも同じ側にいないなど、ささいなことでも左右対称にすることが大事です。

骨のゆがみは一発では治らない

骨のゆがみは日常生活のくせで少しずつ変化していったものです。そのため、たった1~2回の姿勢矯正や整体に行っただけでは、すぐ元の歪んだ姿勢に戻ってしまいます。

 

大事なことは、ゆがみを直しながら正しい姿勢で過ごすことです。

 

また、正しい姿勢は筋力を使います。筋力がアップすると基礎代謝もあがるので一石二鳥になりますね。