下半身太り|冷え

体が冷えていると守るために細くなりにくくなります

冷え性や常に薄着をしているなど、いつも体を冷やした状態でいると、体は自分を守るために脂肪をつけようとします。

 

そして、いつもその状態が続いているとなかなか痩せにくくなってしまいます。

 

特に、足などの下半身は心臓から遠い場所のため血行やリンパの流れも滞りがち。血行が悪いと老廃物やいらなくなった水分などの流れも悪くなります。さらに、寒さや冷えなどで血管などが収縮するとますますスムーズに流れません。

 

冷えた体を守ろうとする脂肪も、老廃物などの流れも温かくしてあげると改善されやすくなります。

 

 

半身浴が流れを促進

 

半身浴がいいと言われているのは、心臓に負担が少ないので長時間入浴して体の芯まで温められることと、体の中で特に冷えてしまっている下半身を重点的に温めることができるからです。

 

下半身を温めてあげることで、上半身との温度差が少なくなり体内の流れがスムーズになります。

 

一日に一度、じっくりと半身浴をすることでむくみや下半身太り対策になります。

下半身をひやさないために

下半身を冷やすことがむくみや下半身太りの原因のひとつです。

 

マッサージなどで流れを促進するほかに、下半身を温めてあげるとずいぶん解消されることがあります。

 

  • 入浴はぬるめのお湯でじっくりと
  • 足湯などでふくらはぎからあたためる
  • 家ではゆったりとした暖かい服装を

 

お風呂で冷えをとる

外出時のおしゃれ着はどうしても暖かさより可愛らしさやかっこよさを優先してしまいます。でも、1日の最後の締めくくりはじっくりと冷えを取ってあげましょう。

 

ポイントは、温めのお湯にじっくり入ること。シャワーだけでは温まりませんよ。温めのお湯では物足りない方は、ゆっくりとぬるめのお湯で温まった後に、お湯の温度を上げて最後は熱めのお湯で温まってから出るようにするといいです。

 

ふくらはぎまであたためよう

足湯など、フットバスを使っている方も多いと思います。とても気持ちがいいですね。もし、これから足湯機を買おうと思っている方は、ふくらはぎまで温まれる機種がおすすめです。

 

ふくらはぎは「第二の心臓」と言われるほど大事な役割をしています。重力に逆らって血液やリンパを心臓に送り返すポンプの役割をしているからです。

 

このふくらはぎが冷えてしっかりと働かないようになるとますますむくみなどの原因になります。しっかりとふくらはぎもケアしてあげましょう。

 

 

きついお洋服や薄着は外出時だけ

外出するときは、おしゃれをするために薄着になってしまうもの。しかも、どうしても上半身ばかり厚着して、下半身はショートパンツやミニスカートなどで冷え冷えに。または、ピタピタのジーンズなどのパンツスタイルということもありますね。血流にはとても良くない服装です。

 

だから、家に帰ってきたら暖かくてゆったりした服装で過ごして、体の流れを妨げないようにしましょう。

 

なるべく、下半身を暖かくしておけるように、ロングスカート+レギンスなどがおすすめです。